プロフィール
過去のSマガジン
カテゴリ
お知らせ
 


アントレプレナー45人の「私が起業・独立を決意した日」
東京の起業家45人による事業誕生のドキュメント集
[購読お申し込み]

 


「ロマンと算盤と」私の120ヶ月
1978年9月から1988年9月までの10年間の塩原勝美による事業の軌跡
[購読お申し込み]
s/magazine バックナンバー
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
若き起業家へのメッセージ

この「起業アドバイザー便り」を世に出していこうと決めた発端となった2005年と云う時代は、当時ライブドアの堀江貴文社長がマスコミやマスメディアが創り上げた舞台で自らも踊り、また逆に彼等を利用しての狂騒が続くざわついた時代でした。 これらの状況を目のあたりにして当時として30数年前の創業時より「経営とは何か」「経営はどうであるべきか」を試行錯誤しつつ実践を通して学んで来た私には、経営本来のあり方からしても彼の言動に強い違和感を感じておりました。そして冷静に考えてみまして、まだまだ知識の浅い若い人たちのために、起業というものに対してTVや新聞、雑誌などが正しい情報を伝え切れていないのではと気づかされました。 そこで私は、若くして起業を志す人、既に起業した方で事業継続に迷いを感じている人たちのために資する目的で、この起業に関してのメッセージをスタートさせ、そしてこん日まで継続してまいりました。いわば私の経験を通して身につけた、事業のスタート時に当面する思いと、願いについて書いてまいりました。

それもおかげさまで本稿で 2015年10月号で120号 になりました。
本号で10ヵ年120号となり、一区切りですので完了いたしたいと思います。

           

「起業アドバイザー便り」 バックナンバーへリンク



 

| 若き起業家へのメッセージ | 00:05 | - | - | pookmark |
若き起業家へのメッセージ

この「起業アドバイザー便り」を世に出していこうと決めた発端となった2005年と云う時代は、当時ライブドアの堀江貴文社長がマスコミやマスメディアが創り上げた舞台で自らも踊り、また逆に彼等を利用しての狂騒が続くざわついた時代でした。 これらの状況を目のあたりにして当時として30数年前の創業時より「経営とは何か」「経営はどうであるべきか」を試行錯誤しつつ実践を通して学んで来た私には、経営本来のあり方からしても彼の言動に強い違和感を感じておりました。そして冷静に考えてみまして、まだまだ知識の浅い若い人たちのために、起業というものに対してTVや新聞、雑誌などが正しい情報を伝え切れていないのではと気づかされました。 そこで私は、若くして起業を志す人、既に起業した方で事業継続に迷いを感じている人たちのために資する目的で、この起業に関してのメッセージをスタートさせ、そしてこん日まで継続してまいりました。いわば私の経験を通して身につけた、事業のスタート時に当面する思いと、願いについて書いてまいりました。

それもおかげさまで本稿で 2015年9月号で119号 になりました。
次号(10月末日送信予定)で10ヵ年120号となり、一区切りですので完了いたしたいと思います。

           

「起業アドバイザー便り」 バックナンバーへリンク



 

| 若き起業家へのメッセージ | 00:03 | - | - | pookmark |
若き起業家へのメッセージ

この「起業アドバイザー便り」を世に出していこうと決めた発端となった2005年と云う時代は、当時ライブドアの堀江貴文社長がマスコミやマスメディアが創り上げた舞台で自らも踊り、また逆に彼等を利用しての狂騒が続くざわついた時代でした。 これらの状況を目のあたりにして当時として30数年前の創業時より「経営とは何か」「経営はどうであるべきか」を試行錯誤しつつ実践を通して学んで来た私には、経営本来のあり方からしても彼の言動に強い違和感を感じておりました。そして冷静に考えてみまして、まだまだ知識の浅い若い人たちのために、起業というものに対してTVや新聞、雑誌などが正しい情報を伝え切れていないのではと気づかされました。 そこで私は、若くして起業を志す人、既に起業した方で事業継続に迷いを感じている人たちのために資する目的で、この起業に関してのメッセージをスタートさせ、そしてこん日まで継続してまいりました。いわば私の経験を通して身につけた、事業のスタート時に当面する思いと、願いについて書いてまいりました。

それもおかげさまで本稿で 2015年8月号で118号 になりました。
本稿の続きは今後とも同ポータルサイト並びにs/magazineのWeb上にてご覧頂けるよう取組んでまいります。

           

「起業アドバイザー便り」 バックナンバーへリンク



 

| 若き起業家へのメッセージ | 00:04 | - | - | pookmark |
若き起業家へのメッセージ

この「起業アドバイザー便り」を世に出していこうと決めた発端となった2005年と云う時代は、当時ライブドアの堀江貴文社長がマスコミやマスメディアが創り上げた舞台で自らも踊り、また逆に彼等を利用しての狂騒が続くざわついた時代でした。 これらの状況を目のあたりにして当時として30数年前の創業時より「経営とは何か」「経営はどうであるべきか」を試行錯誤しつつ実践を通して学んで来た私には、経営本来のあり方からしても彼の言動に強い違和感を感じておりました。そして冷静に考えてみまして、まだまだ知識の浅い若い人たちのために、起業というものに対してTVや新聞、雑誌などが正しい情報を伝え切れていないのではと気づかされました。 そこで私は、若くして起業を志す人、既に起業した方で事業継続に迷いを感じている人たちのために資する目的で、この起業に関してのメッセージをスタートさせ、そしてこん日まで継続してまいりました。いわば私の経験を通して身につけた、事業のスタート時に当面する思いと、願いについて書いてまいりました。

それもおかげさまで本稿で 2015年7月号で117号 になりました。
本稿の続きは今後とも同ポータルサイト並びにs/magazineのWeb上にてご覧頂けるよう取組んでまいります。

           

「起業アドバイザー便り」 バックナンバーへリンク



 

| 若き起業家へのメッセージ | 00:05 | - | - | pookmark |
若き起業家へのメッセージ

この「起業アドバイザー便り」を世に出していこうと決めた発端となった2005年と云う時代は、当時ライブドアの堀江貴文社長がマスコミやマスメディアが創り上げた舞台で自らも踊り、また逆に彼等を利用しての狂騒が続くざわついた時代でした。 これらの状況を目のあたりにして当時として30数年前の創業時より「経営とは何か」「経営はどうであるべきか」を試行錯誤しつつ実践を通して学んで来た私には、経営本来のあり方からしても彼の言動に強い違和感を感じておりました。そして冷静に考えてみまして、まだまだ知識の浅い若い人たちのために、起業というものに対してTVや新聞、雑誌などが正しい情報を伝え切れていないのではと気づかされました。 そこで私は、若くして起業を志す人、既に起業した方で事業継続に迷いを感じている人たちのために資する目的で、この起業に関してのメッセージをスタートさせ、そしてこん日まで継続してまいりました。いわば私の経験を通して身につけた、事業のスタート時に当面する思いと、願いについて書いてまいりました。

それもおかげさまで本稿で 2015年6月号で116号 になりました。
本稿の続きは今後とも同ポータルサイト並びにs/magazineのWeb上にてご覧頂けるよう取組んでまいります。

           

「起業アドバイザー便り」 バックナンバーへリンク



 

| 若き起業家へのメッセージ | 00:05 | - | - | pookmark |
若き起業家へのメッセージ

この「起業アドバイザー便り」を世に出していこうと決めた発端となった2005年と云う時代は、当時ライブドアの堀江貴文社長がマスコミやマスメディアが創り上げた舞台で自らも踊り、また逆に彼等を利用しての狂騒が続くざわついた時代でした。 これらの状況を目のあたりにして当時として30数年前の創業時より「経営とは何か」「経営はどうであるべきか」を試行錯誤しつつ実践を通して学んで来た私には、経営本来のあり方からしても彼の言動に強い違和感を感じておりました。そして冷静に考えてみまして、まだまだ知識の浅い若い人たちのために、起業というものに対してTVや新聞、雑誌などが正しい情報を伝え切れていないのではと気づかされました。 そこで私は、若くして起業を志す人、既に起業した方で事業継続に迷いを感じている人たちのために資する目的で、この起業に関してのメッセージをスタートさせ、そしてこん日まで継続してまいりました。いわば私の経験を通して身につけた、事業のスタート時に当面する思いと、願いについて書いてまいりました。

それもおかげさまで本稿で 2015年5月号で115号 になりました。
本稿の続きは今後とも同ポータルサイト並びにs/magazineのWeb上にてご覧頂けるよう取組んでまいります。

           

「起業アドバイザー便り」 バックナンバーへリンク



 

| 若き起業家へのメッセージ | 00:05 | - | - | pookmark |
若き起業家へのメッセージ

この「起業アドバイザー便り」を世に出していこうと決めた発端となった2005年と云う時代は、当時ライブドアの堀江貴文社長がマスコミやマスメディアが創り上げた舞台で自らも踊り、また逆に彼等を利用しての狂騒が続くざわついた時代でした。 これらの状況を目のあたりにして当時として30数年前の創業時より「経営とは何か」「経営はどうであるべきか」を試行錯誤しつつ実践を通して学んで来た私には、経営本来のあり方からしても彼の言動に強い違和感を感じておりました。そして冷静に考えてみまして、まだまだ知識の浅い若い人たちのために、起業というものに対してTVや新聞、雑誌などが正しい情報を伝え切れていないのではと気づかされました。 そこで私は、若くして起業を志す人、既に起業した方で事業継続に迷いを感じている人たちのために資する目的で、この起業に関してのメッセージをスタートさせ、そしてこん日まで継続してまいりました。いわば私の経験を通して身につけた、事業のスタート時に当面する思いと、願いについて書いてまいりました。

それもおかげさまで本稿で 2015年4月号で114号 になりました。
本稿の続きは今後とも同ポータルサイト並びにs/magazineのWeb上にてご覧頂けるよう取組んでまいります。

           

「起業アドバイザー便り」 バックナンバーへリンク



 

| 若き起業家へのメッセージ | 00:05 | - | - | pookmark |
若き起業家へのメッセージ

この「起業アドバイザー便り」を世に出していこうと決めた発端となった2005年と云う時代は、当時ライブドアの堀江貴文社長がマスコミやマスメディアが創り上げた舞台で自らも踊り、また逆に彼等を利用しての狂騒が続くざわついた時代でした。 これらの状況を目のあたりにして当時として30数年前の創業時より「経営とは何か」「経営はどうであるべきか」を試行錯誤しつつ実践を通して学んで来た私には、経営本来のあり方からしても彼の言動に強い違和感を感じておりました。そして冷静に考えてみまして、まだまだ知識の浅い若い人たちのために、起業というものに対してTVや新聞、雑誌などが正しい情報を伝え切れていないのではと気づかされました。 そこで私は、若くして起業を志す人、既に起業した方で事業継続に迷いを感じている人たちのために資する目的で、この起業に関してのメッセージをスタートさせ、そしてこん日まで継続してまいりました。いわば私の経験を通して身につけた、事業のスタート時に当面する思いと、願いについて書いてまいりました。

それもおかげさまで本稿で 2015年3月号で113号 になりました。
本稿の続きは今後とも同ポータルサイト並びにs/magazineのWeb上にてご覧頂けるよう取組んでまいります。

           

「起業アドバイザー便り」 バックナンバーへリンク



 

| 若き起業家へのメッセージ | 00:05 | - | - | pookmark |
若き起業家へのメッセージ

この「起業アドバイザー便り」を世に出していこうと決めた発端となった2005年と云う時代は、当時ライブドアの堀江貴文社長がマスコミやマスメディアが創り上げた舞台で自らも踊り、また逆に彼等を利用しての狂騒が続くざわついた時代でした。 これらの状況を目のあたりにして当時として30数年前の創業時より「経営とは何か」「経営はどうであるべきか」を試行錯誤しつつ実践を通して学んで来た私には、経営本来のあり方からしても彼の言動に強い違和感を感じておりました。そして冷静に考えてみまして、まだまだ知識の浅い若い人たちのために、起業というものに対してTVや新聞、雑誌などが正しい情報を伝え切れていないのではと気づかされました。 そこで私は、若くして起業を志す人、既に起業した方で事業継続に迷いを感じている人たちのために資する目的で、この起業に関してのメッセージをスタートさせ、そしてこん日まで継続してまいりました。いわば私の経験を通して身につけた、事業のスタート時に当面する思いと、願いについて書いてまいりました。

それもおかげさまで本稿で 2015年2月号で112号 になりました。
本稿の続きは今後とも同ポータルサイト並びにs/magazineのWeb上にてご覧頂けるよう取組んでまいります。

           

「起業アドバイザー便り」 バックナンバーへリンク



 

| 若き起業家へのメッセージ | 00:05 | - | - | pookmark |
若き起業家へのメッセージ

この「起業アドバイザー便り」を世に出していこうと決めた発端となった2005年と云う時代は、当時ライブドアの堀江貴文社長がマスコミやマスメディアが創り上げた舞台で自らも踊り、また逆に彼等を利用しての狂騒が続くざわついた時代でした。 これらの状況を目のあたりにして当時として30数年前の創業時より「経営とは何か」「経営はどうであるべきか」を試行錯誤しつつ実践を通して学んで来た私には、経営本来のあり方からしても彼の言動に強い違和感を感じておりました。そして冷静に考えてみまして、まだまだ知識の浅い若い人たちのために、起業というものに対してTVや新聞、雑誌などが正しい情報を伝え切れていないのではと気づかされました。 そこで私は、若くして起業を志す人、既に起業した方で事業継続に迷いを感じている人たちのために資する目的で、この起業に関してのメッセージをスタートさせ、そしてこん日まで継続してまいりました。いわば私の経験を通して身につけた、事業のスタート時に当面する思いと、願いについて書いてまいりました。

それもおかげさまで本稿で 2015年1月号で111号 になりました。
本稿の続きは今後とも同ポータルサイト並びにs/magazineのWeb上にてご覧頂けるよう取組んでまいります。

           

「起業アドバイザー便り」 バックナンバーへリンク



 

| 若き起業家へのメッセージ | 00:04 | - | - | pookmark |
| 1/9PAGES | >>