プロフィール
過去のSマガジン
カテゴリ
お知らせ
 


アントレプレナー45人の「私が起業・独立を決意した日」
東京の起業家45人による事業誕生のドキュメント集
[購読お申し込み]

 


「ロマンと算盤と」私の120ヶ月
1978年9月から1988年9月までの10年間の塩原勝美による事業の軌跡
[購読お申し込み]
s/magazine バックナンバー
<< INFORMATION | main | 浅草散歩みち >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
TOPICS
第二期「経営いろは塾」9月度定例会

9月15日(火)18:30より第二期前半最後の9月定例会が開かれました。先ず開始に当り、全員が起立しての挨拶でスタートです。 
本題に入る前に「第2のユニクロ」と称されるヤングカジュアルブランド「アース ミュージュック&エコロジー」のクロスカンパニー社にふれて、解説しました。 
創業23年程で連結売上高1000億円国内外1000店以上を展開しているビジネスモデルとビジネス手法を、資料より読みとり説明しました。

今月のテーマ1は「企業の栄枯盛衰を学ぶ」としました。 
最近読んだ書籍「選択と捨象」冨山和彦著 企業の寿命10年時代の企業進化論よりの話しですが、巻頭の「企業は必ず滅びる。どんな大きな会社であっても必ず寿命が来る。それが当り前であることを前提にトップは経営し、働き手も備えなければならない――。を柱として、しっかりとお話しをさせて頂きました。 
そして、経営基盤を揺らすものは外部環境と内部環境があり、ヤマダ電機、ソフトバンクの例を引いて、具体的に解説しました。 
その後、メンバーの税理士の若山昌美さんからマイナンバー制度のレクチャーを頂きました。後半は鵜飼顧問のテーマ「人生実践法(人間を磨く人間学)」で、ご自身の体験的人間学をご教示いただき、その後に懇親会に移りました。

  
 

相続対策支援センター 9月度定例会

9月10日(木)18:30 9月度定例会が開かれました。 
8月は休会でしたので2ヶ月ぶりの顔合わせです。 
議題1の情報交換の時間は、各自が持ちあわせている業務からの情報や知識ですが、討議しつつ情報の交換をいたしました。
そのなかで「週刊新潮」9
月17日号の相続税の合法的脱税マニュアルについて、「朝日新聞」がこの記事を掲載したことで、国税当局が思わず目を剥いたと云う<タワーマン活用 贈与税ゼロ>にふれて、現代の大きなテーマですので、メンバー間で、後日も引き続いて情報交換がメールにてなされました。
また、メンバーから「信託税制について」の資料をもとにしたレクチャーや、遺留分を超える金額の課税関係についても、席上問題解決出来なかった部分の解説なども、後日メール交換にて補完解説がなされ、より理解が深まりました。

   
| TOPICS | 00:06 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:06 | - | - | pookmark |